「フリィダム ロリィタ」の投稿から半年。

ようやく6thアルバム「sissy songs」(「シシーソングス」、と読みます)が完成しました。

​今回は新たな書きおろしの楽曲も多いので、簡単に楽曲の紹介などしようと思います。

#1「フリィダムロリィタ」

2016年の12月の終わり。TASCAMのいつもお世話になっている方と一緒に渋谷でご飯を食べていて、「ねじ式さん、来年はどんな感じの曲で勝負していくんですか?」と聞かれ、帰り道の新幹線でふと自分の作る曲の長所というか魅力みたいなものを改めて考えてみたのが曲を作るきっかけ。言葉遊びを多用した哀愁のある世界観とアップテンポな踊れるピアノロックがテーマ。

いつもは10パートほどあるエレキギターをシンプルに2パートまで減らし、ピアノアレンジを合計5パターン作って比較して作りました。あとはベースはいつもびっくりされますがスラップ奏法ではなくピック弾きです。

浦島坂田船センラさんと同時投稿させてもらい、投稿日が僕の誕生日だったのと、前日に読売新聞に掲載されたりと色々力をお借りしたり幸運な出来事が重なり、初めてvocaloidカテゴリ24時間ランキング1位を獲得した思い出深い曲です。

#2「アッシュなミルクティー」

久しぶりにGUMIを使った曲が書きたくて作った曲。何度も「もう別れよう」と言っててもまた結局付き合っちゃうグダグダな二人の生活を描いた曲。

この曲はプロファイリングアンプ「kemper」を購入してすぐということもあって、色々なギターの音作りを試しながら作った曲。イントロのギターはコーラスを多めにかけてグニャグニャした音を作りました。

#3「コイビトモダチ

5月に投稿した曲。「フリィダムロリィタ」の動画とイラストを担当してくれた檀上大空さんと「次はどんな曲を投稿しましょうね?」と相談していた時に「カワイイ曲とかいいですね!」と意見をもらったのを参考に、可愛い&切ない感じの曲に仕上げてみました。そして仕上がった動画も可愛くカラフルな仕上がりでとても気に入っています。

この曲もあまりギターは目立たせないでシンセのサウンドを中心にアレンジしました。

高校の時にめちゃ片思いしていた子に告白して「え~、ねじ式の事トモダチだと思ってたのに。無理」と言われた悲しいトラウマな思い出がベースにあることは内緒にしといてください。。。

#4「エンドレスクレーム」

これは意思の弱くてしょうもない時の自分に向けて書いた曲。

あとは言い訳ばっかりして何も動き出さない人にも物申す感じ。

ーカルは初音ミク。当初はIAのボーカルで書いていましたが、途中からミクの方が合いそうだと思い、アルミーダさんに頼んでミクに変更&少し鋭さを足して再調教してもらいました。

アコギのリフは一度マイクで録った音を波形で処理して切り刻んで並び替えて作っています。

​こういうブレイクビーツ的な手法でギターを編集するのは以前から大好きです。

#5「carry on」

「フリィダムロリィタ」の投稿の翌月、3月にゆかりオンリーイベントがあったり、ライブイベント「ゆかなで」があった時に無料配布CDに収録しようと思って気楽に書いた曲。

音数をギリギリまで減らしたアレンジと「kemper」で作ったギターの音を色々試しながら作りました。

リラックスしてさらっと書いた歌詞だったけど、なかなか気に入っています。

​ボーカルはIA。「勇者になれない僕ら」の時のIAと同じ設定で歌ってもらっています。

#6「ソラヒマワリ」

2013年の8月に投稿した2作目の作品。

この曲はずっと自分のお気に入りで、どこかのタイミングでアルバムに収録したいと思っていました。歌詞もメロディーもアレンジもまだまだ未完成なところは多いですが、この2013年の夏は僕にとって思い出がたくさんあって。今でもこの曲を聴くと4年前の夏にフラッシュバックします。

当時はcubase5というソフトを使っていたので、もう一度今使っているcubase8でミックスからやり直しています。GUMIの声も再調教しようか迷いましたが、このつたない調教も含めてこの曲の魅力かなと思い、ボカロ調教には手は加えていません。

歌詞は僕が東京に住んでいた時に少しだけお付き合いしていた女の子の事をモチーフにしています。

#7「ピニャコラーダ」

京都の結月ゆかりのオンリーイベントの後にキマシタワーさんをはじめとするボカロ愛に溢れたみなさんの打ち上げに参加させてもらった時にみんなから「ゆかいあ曲をもっと聴きたい!」という切実なリクエストをもらい、その時から構想を練っていた百合曲。

歌の掛け合いなど、歌ってみたでも色々面白い表現ができるんじゃないかな~と思います。

ピニャコラーダはパイナップルジュースココナッツミルクを使った黄白色のカクテルの名前。

#8「オルタナティブオーケストラ」

デモバージョンは意外と古く2015年の春ごろに書いて、そのまま放置していた曲。

歌詞が出来なくて悩んでいた時に僕が楽曲提供をしている「絶叫する60度」のライブ活動をTwitterのタイムラインで知り、勝手に絶叫する60度に対する応援歌のつもりで書きました。

サウンドもギターが前面にでたソリッドなロックになっています。

この曲も意図的に音を重ねすぎずシンプルなサウンドに仕上げています。

また絶叫とも一緒にライブやりたいなぁ。。。

#9「シリウス睡る街」

この曲は2015年の夏に亡くなった僕がやっていたバンドのボーカルにむけて書いた曲です。

#10「ルティエ」

年の瀬のきらびやかで少しせわしない街をイメージして書いた曲。

コーラスではメインボーカルのMIKUだけでなくIA、GUMI、ゆかりも参加しています。

あまり派手ではない曲ですが、このアルバムを締めくくるエンドロールのようなイメージで聴いてもらえたら嬉しいです。

[最後に]

自分の思い入れをダラダラと好きなように書かせてもらいましたが、特に「こういう風に聴け!こうやって解釈してくれ!」というのはありません。何よりたくさんの方に聴いてもらえて、その人の生活の隣に僕の音楽を置いてもらえたらとっても嬉しいです。

いつも自分の作品を楽しみにしてくれている人が居ることを幸せに思っています。

ありがとうございます。

ちなみにイベント会場購入、ネット予約購入どちらでも喜んでもらえる特典を用意させてもらいました。

会場で初回限定版を購入していただいた方はゆかいあ缶バッジ。

アニメイトで購入していただいた方はフリーダムロリィタ缶バッジ。

渾身の作品です。ぜひ手に入れてやってくださいね!

​ねじ式

6thアルバム「sissy songs」

全曲紹介ページ

ねじ式 6thAlbum「sissy songs」

2017年8月12日 初音祭 十宴ノ束

CD+書きおろしコラボ画集 \1500 (初回限定特典缶バッジ付き)

CDのみ: \1000

All music&lyrics&arrange by ねじ式 illustration by 檀上大空

アニメイトでも予約受付中!
http://www.animate-onlineshop.jp/pn/pd/1475361/ 初回限定版
http://www.animate-onlineshop.jp/pn/pd/1475360/ 通常版

© ©2014 Nejishiki All rights reserved.